小規模多機能型居宅介護とは?

誰もが年をとっても介護が必要になっても、住み慣れた自宅や地域の中で家族や親しい人たちとともに、最期までその人らしい人生を送りたいと望んでいます。
小規模多機能型居宅介護では、そうした在宅での生活を送り続けたいという高齢者や家族の願いに応えます。

一人ひとりに寄り添い、本当の思いや望みをくみ取って、時間をかけて丁寧に支援していきます。
介護が必要になっても、これまで築き上げてきた家族や地域社会との関係を断ち切ることなく暮らし続けることを大切にします。

小規模多機能型居宅介護は「通い」「宿泊」「訪問」を組み合わせて利用するサービス

ご本人の様態や希望に応じて、「通い」「宿泊」「訪問」といったサービスを組み合わせて、「自宅で継続して生活するために」必要な支援をしていきます。
例えば、「通い」で顔なじみになった職員が「宿泊」や「訪問」の際にも対応します。
状況を把握している職員が対応するので、ご本人やご家族の些細な変化に気づくことができ、環境の変化に敏感なお年寄り(特に認知症の方)の不安を和らげることができます。

地域のみんなで考えます

地域での暮らしは、地域のみなさんの支え合いなしには成り立ちません。
地域のいろんな人やさまざまな器官が手を結び、支えていきましょう。
地域のみなさんと小規模多機能型居宅介護のつなぎ役として「運営推進会議」があります。
地域の人たちが集い、情報の交換や共有することによって、自分たちが望む「暮らしやすい地域」をともに考えていきます。

更新日:

Copyright© 夢の元気村 , 2020 All Rights Reserved.